サッカー、マルセイユ1次L突破

欧州リーグ

ザルツブルク戦の後半、パスを出すマルセイユの酒井宏(左)=マルセイユ(共同)

 【ベルリン共同】サッカーの欧州リーグは7日、各地で1次リーグ最終戦が行われ、I組で酒井宏樹のマルセイユ(フランス)が1次リーグを突破した。既に同組1位が確定していた南野拓実のザルツブルク(オーストリア)と0―0で引き分け、同組2位となった。酒井宏はフル出場し、南野は出番がなかった。

 H組で大迫勇也のケルン(ドイツ)はレッドスター(セルビア)に0―1で屈し、同組3位で敗退した。大迫はフル出場した。

 J組で既に敗退が決まっていた原口元気のヘルタはエステルスンド(スウェーデン)と1―1で引き分けた。原口は後半35分までプレーした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る