維新片山氏が差別用語使用

国会の例えに、批判も

 日本維新の会の片山虎之助共同代表は8日の党会合で、国会に関し、被差別部落を意味する言葉で例えた。すぐに言い直したが、人権意識に欠けた発言として批判も出そうだ。

 片山氏は、維新独自で多数の議員立法を特別国会に提出しながら、いずれも審議入りしなかった現状を巡り「やり方を考えないといけない。本数でなく中身を絞って、どこかの党と取引しないと。国会はそういうところなんですね。特殊部落ですから」と述べた。

 続けて「部落という言葉は良くないけど」と語った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。