維新片山氏が差別用語使用

国会の例えに、批判も

 日本維新の会の片山虎之助共同代表は8日の党会合で、国会に関し、被差別部落を意味する言葉で例えた。すぐに言い直したが、人権意識に欠けた発言として批判も出そうだ。

 片山氏は、維新独自で多数の議員立法を特別国会に提出しながら、いずれも審議入りしなかった現状を巡り「やり方を考えないといけない。本数でなく中身を絞って、どこかの党と取引しないと。国会はそういうところなんですね。特殊部落ですから」と述べた。

 続けて「部落という言葉は良くないけど」と語った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers