五輪参加でロシア選手の発言誤訳

国際スケート連盟が発表

 ロシアの平昌冬季五輪参加問題で、国際スケート連盟(ISU)は8日、名古屋市ガイシプラザで開催中のフィギュアのグランプリ(GP)ファイナルに出場している男子のミハイル・コリャダ選手(ロシア)が記者会見で発言した内容を通訳が誤って訳したと発表した。

 コリャダ選手は7日にロシア語で「(IOCの決定は)ロシアの犯したことを考えれば当然の処置。ロシアを代表して出ることはない」と発言したと訳された。

 正しくは「(個人資格でも)ロシア選手が出場できるのは正しい決断だったと思う。正直に言えば、ロシアチームが参加しない五輪は想像できないから」と話したと、内容を訂正した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers