五輪参加でロシア選手の発言誤訳

国際スケート連盟が発表

 ロシアの平昌冬季五輪参加問題で、国際スケート連盟(ISU)は8日、名古屋市ガイシプラザで開催中のフィギュアのグランプリ(GP)ファイナルに出場している男子のミハイル・コリャダ選手(ロシア)が記者会見で発言した内容を通訳が誤って訳したと発表した。

 コリャダ選手は7日にロシア語で「(IOCの決定は)ロシアの犯したことを考えれば当然の処置。ロシアを代表して出ることはない」と発言したと訳された。

 正しくは「(個人資格でも)ロシア選手が出場できるのは正しい決断だったと思う。正直に言えば、ロシアチームが参加しない五輪は想像できないから」と話したと、内容を訂正した。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。