クラブW杯、浦和は準々決勝敗退

開催国枠アルジャジーラに0―1

試合後のピッチ上で落胆する阿部勇樹(右)ら浦和の選手たち=9日、アブダビ(ロイター=共同)

 【アブダビ共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第2日は9日、アブダビで行われ、アジア王者のJ1浦和は初戦の準々決勝で開催国枠出場のアルジャジーラ(アラブ首長国連邦)に0―1で敗れた。

 浦和はボールを支配したが好機を生かせず、後半立ち上がりに速攻から失点した。12日の5位決定戦に回り、アフリカ代表のウィダド・カサブランカ(モロッコ)と対戦する。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers