トルコ大統領、イスラエルを批判

演説で「テロ国家」と発言

演説するトルコのエルドアン大統領=10日、トルコ中部シワス(ゲッティ=共同)

 【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は10日、トルコ中部シワスでの演説でイスラエルを「テロ国家」と呼び、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことへの抗議を強めた。アナトリア通信などが伝えた。

 エルドアン氏は「パレスチナは犠牲者」とし「イスラエルは占領国家、テロ国家だ」と発言。トランプ氏の決定は「無効だ」と強調した。

 イスラム色の強いエルドアン氏は、エルサレムの地位変更は「レッドライン(越えてはならない一線)」だと強く反発。5日には、イスラエルとの外交関係断絶を検討すると語った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。