豊洲追加工事、4件落札

価格事前公表で高落札率

 豊洲市場(東京都江東区)の追加安全対策工事で入札不調が相次いでいる問題で、11日に開札された4件が全て落札されたことが都への取材で分かった。契約を急ぐために予定価格が事前に公表され、いずれも落札率が90%以上と高かった。

 築地市場(中央区)からの移転前に都が豊洲で実施する追加工事は全部で9件あり、これまでに落札されたのは6件となった。都は業界と合意した2018年10月中旬の市場移転に間に合うように、残りの工事のうち一部で入札を断念し、特命随意契約に切り替える検討をしている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers