羽曳野市議に辞職勧告決議

居住実態なしと判断

 大阪府の羽曳野市議会は12日の議会で、9月の議員選挙で初当選した大阪維新の会の百谷孝浩市議(37)に市内での居住実態がないとして、議員辞職勧告決議案を全会一致で可決した。

 百谷市議は同日「住民票通り羽曳野市に住んでいる。潔白だ」と主張。議員活動を続け、離党もしない意向を示した。市議会では「大阪維新・無所属の会」を離れ、無会派となっている。

 議会は、5月末から10月上旬までガスの使用がなかったなどとして、居住実態なしと判断した。「居住実態がなく、議員になる資格がないのでは」との指摘が議会事務局にあり、議会が調査を進めていた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS