日米欧、対中国で共同対応

不当補助金、WTO提訴も

©一般社団法人共同通信社

 【ブエノスアイレス共同】日本と米国、欧州連合(EU)は12日、中国などを念頭に不当な補助金や国有企業の優遇など市場をゆがめる措置に連携して対応していくとした共同声明を発表した。日米欧はこれらの措置に対抗するため世界貿易機関(WTO)に共同で提訴することも視野に入れている。

 WTO閣僚会議が開かれているアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、世耕弘成経済産業相と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表、EU通商担当のマルムストローム欧州委員が会談した。

 中国では政府から支援を受けたメーカーが生産設備を拡大し、鉄鋼などの分野で過剰生産問題が深刻化している。

あなたにおすすめ

Curated by

papers