「トランプは国守れず」

NYテロ直前に容疑者が投稿

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市の地下鉄駅付近で起きた爆弾テロで、訴追されたアカエド・ウラー容疑者(27)が犯行直前、フェイスブックに「トランプよ、おまえは国を守れなかった」と投稿していたことが12日分かった。米政権の中東政策が犯行のきっかけになったとも供述しており、捜査当局が詳しい動機を調べている。

 トランプ大統領は6日、エルサレムをイスラエルの首都と正式認定した。イスラム諸国は一斉に反発し、パレスチナ自治区ガザからのロケット弾発射とイスラエル軍による報復攻撃が続くなど緊張が高まっている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。