「トランプは国守れず」

NYテロ直前に容疑者が投稿

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市の地下鉄駅付近で起きた爆弾テロで、訴追されたアカエド・ウラー容疑者(27)が犯行直前、フェイスブックに「トランプよ、おまえは国を守れなかった」と投稿していたことが12日分かった。米政権の中東政策が犯行のきっかけになったとも供述しており、捜査当局が詳しい動機を調べている。

 トランプ大統領は6日、エルサレムをイスラエルの首都と正式認定した。イスラム諸国は一斉に反発し、パレスチナ自治区ガザからのロケット弾発射とイスラエル軍による報復攻撃が続くなど緊張が高まっている。

あなたにおすすめ

Curated by

papers