タンクローリーが海に転落、神戸

男性死亡

海中に転落したタンクローリー=13日午後、神戸市

 13日午後0時35分ごろ、神戸市東灘区魚崎西町の岸壁から、タンクローリーが海中に転落し、乗っていた60代とみられる男性が死亡した。

 東灘署によると、タンクローリーは後部が海面から出ている状態になり、男性は約1時間後に救出されたが、現場で死亡が確認された。

 タンクローリーは近くの会社敷地内で、食用油を別のタンクに積み替える作業をしていたという。同署が事故の詳しい状況を調べている。

 現場は工場や倉庫が立ち並ぶ一帯。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS