「戦国無双」は特許権侵害なし

人気ゲームソフト巡り大阪地裁

 ゲームソフト「戦国無双」シリーズなど49作品に特許権の侵害があったとして、製造元コーエーテクモゲームス(横浜市)に対し、ゲーム会社カプコン(大阪市)が約9億8千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は14日、一部の侵害を認め、517万円の支払いを命じた。

 特許権侵害が認められたのはホラーゲーム「零」シリーズ9作品。「戦国無双」や「真・三國無双」シリーズは対象外だった。

 続き物になっている作品で前作のソフトをゲーム機に読み込ませると、続編でキャラクターなどが新たに追加される機能は「容易に発明できる」として、カプコン側の特許そのものが無効だと判断した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS