「戦国無双」は特許権侵害なし

人気ゲームソフト巡り大阪地裁

 ゲームソフト「戦国無双」シリーズなど49作品に特許権の侵害があったとして、製造元コーエーテクモゲームス(横浜市)に対し、ゲーム会社カプコン(大阪市)が約9億8千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は14日、一部の侵害を認め、517万円の支払いを命じた。

 特許権侵害が認められたのはホラーゲーム「零」シリーズ9作品。「戦国無双」や「真・三國無双」シリーズは対象外だった。

 続き物になっている作品で前作のソフトをゲーム機に読み込ませると、続編でキャラクターなどが新たに追加される機能は「容易に発明できる」として、カプコン側の特許そのものが無効だと判断した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS