スポーツ関連に340億円

過去最高、18年度予算案

 政府が今月閣議決定する2018年度予算案で、スポーツ関連は過去最高の340億円を計上することが14日、分かった。17年度当初から6億円の増額となる。20年東京五輪・パラリンピックまで3年を切り、さらなるスポーツ施策の充実を図る。

 20年大会などを見据えた選手の強化や発掘を支援する競技力向上事業は96億円に達する。国際大会に対応できる検査員の養成などドーピング防止態勢の整備、強化事業には3億円を盛り込む。

 20年大会の開催費分担で国が負担するパラリンピック経費の300億円は、17年度補正予算案に一括計上する方針となった。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。