ヘリ窓落下事故で市議会抗議決議

沖縄宜野湾、米軍は児童に謝罪を

米軍ヘリコプターの窓落下事故に対し、抗議決議案を可決した沖縄県宜野湾市議会=15日午前

 沖縄県宜野湾市立普天間第二小の運動場に米軍ヘリコプターの操縦席窓が落下した事故を受け、宜野湾市議会は15日、米軍に対し被害に遭った児童や保護者らへの謝罪と原因の徹底究明を求める抗議決議案と意見書を全会一致で可決した。

 議会事務局によると、全議員で北中城村の米軍キャンプ瑞慶覧に行き、米側に決議を手渡した。

 日米両政府などに宛てた決議と意見書は「未来を担う子どもたちが過ごす安全であるべき学校で起きた事故に児童らの精神的な衝撃は計り知れない」と強調。中心部に「世界一危険」といわれる普天間飛行場を抱え「市民の不安と恐怖、米軍への不信感は頂点に達した」と訴えた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。