記者の残業代支払いで和解

電波新聞、三六協定締結も

 電子機器やITなどの業界を専門に扱う日刊紙「電波新聞」を発行する電波新聞社(東京)に整理部記者として勤める男性社員2人が、同社に未払い残業代の支払いを求めた訴訟は15日、東京地裁(石田明彦裁判官)で和解が成立した。残業代に当たる解決金を同社が支払う。金額は明らかにされていない。

 原告側によると、和解では未締結の時間外労働に関する労使協定(三六協定)を年内に結ぶことも盛り込まれた。原告側は「実質的な勝利和解だ」と主張。同社は「この件に関しては何も申し上げられない」としている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る