河野外相、最大圧力を要請

安保理、北朝鮮が異例出席

©一般社団法人共同通信社

北朝鮮の核・ミサイル問題を討議する国連安保理の閣僚級会合で、議長を務める河野外相(中央)=15日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は15日、北朝鮮の核・ミサイル問題を討議する閣僚級会合を開催した。議長の河野太郎外相は「国際社会は核武装した北朝鮮を受け入れない」と表明し、最大限の圧力を加えて核放棄に追い込む必要性を訴えた。ティラーソン米国務長官は米国防衛のために全力を挙げるとしながら「外交的解決を望む」と述べ、北朝鮮に核・ミサイル開発の中止と対話の席に着くよう促した。北朝鮮の慈成男国連大使が出席した。こうした会合への出席は異例。

 ティラーソン氏は日米外相会談で「直接意見を伝えられる機会を設けることができた」と述べ、歓迎する意向を表明した。

北朝鮮の核・ミサイル問題を討議する国連安保理の閣僚級会合に出席した、北朝鮮の慈成男国連大使(手前)=15日、ニューヨーク(共同)

あなたにおすすめ

Curated by

papers