北朝鮮が仮想通貨攻撃か

「ラザルス」、韓国報道

 【ソウル共同】韓国紙の朝鮮日報などは16日、韓国の仮想通貨取引所で今年、大量の顧客情報が流出したり仮想通貨が奪われたりするサイバー攻撃があり、北朝鮮傘下とされるハッカー集団「ラザルス」が関与したとみられると伝えた。情報機関の国家情報院などの話としている。

 北朝鮮は核・ミサイル開発に対する制裁が国際的に広がる中、仮想通貨の獲得に関心を寄せているとみられている。

 報道によると、6月には韓国最大の仮想通貨取引所で約3万6千件の顧客情報が流出、9月には別の取引所で多額の通貨が盗まれた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers