米軍、落下先の小学校に謝罪

上空最大限飛ばずと伝達

沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小を訪れた米軍関係者=18日午前

 沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校に米軍大型輸送ヘリコプターCH53Eの操縦席窓が落下した事故で、米海兵隊太平洋基地政務外交部長のクラーク大佐は18日、同校を訪れ「学校、地域に計り知れない不安を与え、おわびする」と謝罪した。富川盛武副知事は事故同型機の飛行再開方針に関し、同日中に発表すると米軍から連絡があったことを明らかにした。

 クラーク大佐は喜屋武悦子校長と面会。市教育委員会によると、隣接する米軍普天間飛行場の飛行ルールを再検討し、米軍機が最大限、学校上空を飛ばないようにすると米軍内で確認したことを伝えた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。