水俣病認定で新潟市長謝罪

「控訴で重く苦しい時間」

 新潟市の篠田昭市長は18日、新潟水俣病の認定を巡る11月の東京高裁判決を受けて新たに患者認定した新潟市の男女らと市役所で面会し、「控訴したことで原告のみなさまが重く苦しい時間を重ねることになってしまった」と述べ、謝罪した。

 面会したのは患者認定された9人(1人は故人)のうち7人と支援者らで、市長から認定通知書を受け取った。60代の女性は「判決までどうしようもない壁を感じて非常に苦しかった」と話し、60代の男性は「まだ残っている患者さんを認定してほしい」と訴えた。

 市長は「認定審査について県と意見交換し、国に申し上げることは申し上げていく」と応じた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。