再生可能エネの入札対象拡大へ

経産省、価格競争促す

 経済産業省は18日、再生可能エネルギーの導入拡大に必要な政策課題を議論する有識者会合を開いた。太陽光でのみ実施されている入札制度をバイオマスや風力などにも拡大し、価格競争を促すべきだとの意見で一致した。今後、送電網の運用の在り方について議論を深め、来年改定するエネルギー基本計画に反映させる方針だ。

 国内の再生エネは固定価格買い取り制度の下で太陽光やバイオマス発電を中心に拡大しているが、国際水準と比べて割高なコストの引き下げが課題となっている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。