再生可能エネの入札対象拡大へ

経産省、価格競争促す

 経済産業省は18日、再生可能エネルギーの導入拡大に必要な政策課題を議論する有識者会合を開いた。太陽光でのみ実施されている入札制度をバイオマスや風力などにも拡大し、価格競争を促すべきだとの意見で一致した。今後、送電網の運用の在り方について議論を深め、来年改定するエネルギー基本計画に反映させる方針だ。

 国内の再生エネは固定価格買い取り制度の下で太陽光やバイオマス発電を中心に拡大しているが、国際水準と比べて割高なコストの引き下げが課題となっている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る