「米国第一」の安保戦略を公表

中ロに対抗、北朝鮮とイラン非難

18日、米ワシントンで演説するトランプ大統領(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日、政権初の包括的な安保政策「国家安全保障戦略」を公表した。演説で「米国第一」に基づく戦略だとして「米国は再び強くなる」と訴えた。中国とロシアを「米国に挑戦するライバル」と位置付けて対抗姿勢を示し、北朝鮮とイランを「ならず者政権」と非難した。圧倒的な軍事力の維持と経済再建を前面に打ち出し、「力」によって米国の優位を保つ方針を示した。

 トランプ氏は、ライバル国に関与して信頼関係構築を目指した過去20年間の安保政策は見直しを迫られているとして、ブッシュ(子)政権やオバマ政権の路線の転換を主張した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。