のぞみ台車の亀裂、破断寸前

JR西日本「脱線したかも」

記者会見を終え、頭を下げるJR西日本の吉江則彦副社長(右)ら=19日午後、大阪市

 博多発東京行き新幹線のぞみの台車に亀裂が見つかった問題で、車両を所有するJR西日本は19日、台車枠の亀裂の長さが底面で16センチ、両側面でそれぞれ約14センチに達し、コの字形につながっていたと明らかにした。破断寸前の事態で、記者会見した吉江則彦副社長は「極めて重大なインシデントで、新幹線の安全に対する信頼を裏切るもの。深くおわび申し上げる」と陳謝した。

 運輸安全委員会が重大インシデントと認定した今回のトラブルについて、吉江副社長は「脱線に至ったかもしれない」との認識を示し、運輸安全委とは別に同社として独自の調査報告書をまとめるとした。

新幹線のぞみの台車に見つかった亀裂(JR西日本提供)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers