信長ゆかりの寺巡り提訴、名古屋

土地無断売却、着服と前住職らを

 織田信長の父信秀の菩提寺として知られる「桃巌寺」(名古屋市千種区)の前住職(93)と同居の女性(70)が寺の規則に反し、無断で所有地を売却、着服したなどとして、寺側が計約2億2千万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こしたことが19日、分かった。提訴は11月27日付。

 訴状によると、宗教法人法に基づいて定めた寺の規則が不動産を売却する際、役員の議決を得るよう規定しているのに、2人は2013年、議決を得ずに約2億1千万円で土地計約900平方メートルを売却。お布施や賃料とともに着服、宝飾品の購入代金などに充てたとしている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers