フェイスブックに違法疑い

独当局、独占的地位を乱用

ロンドンにあるフェイスブックのオフィスのロゴ(ロイター=共同)

 【ベルリン共同】ドイツの独禁当局、連邦カルテル庁は19日、米インターネット交流サイト大手フェイスブックの個人情報収集に関する暫定的な調査結果を発表、独占的な地位を乱用して違法に利用者の個人情報を大量に収集している疑いがあるとして、是正を求めた。最終的な調査結果は2018年にも発表する。

 カルテル庁は16年にフェイスブックが利用者の個人情報を収集する際に、情報の種類や範囲を十分に説明していない疑いがあるとして調査を開始。交流サイトにかかわるアプリやウェブサイトで支配的な立場にあることを利用していると指摘した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers