自民、自衛隊明記へ両論

改憲、他党の提案「真剣に検討」

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら
自民党憲法改正推進本部の執行役員会であいさつする細田博之本部長(中央)=20日午後、東京・永田町の党本部

 自民党の憲法改正推進本部(本部長・細田博之前総務会長)がまとめた改憲4項目に関する論点整理案の全容が20日、判明した。憲法9条への自衛隊明記について、戦争放棄の1項と戦力不保持などを定めた2項を維持する案と、2項を削除して自衛隊の目的や性格をより明確化する案を両論併記した。改憲発議に向け「各党から具体的な意見・提案があれば真剣に検討するなど建設的な議論を行っていきたい」と強調した。

 党は午後に憲法改正推進本部の全体会合を党本部で開いた。幹部側は論点整理案を提示し、了承取り付けを目指す。

あなたにおすすめ

Curated by

papers