JR西社長「信頼裏切った」

台車亀裂で謝罪

定例記者会見で謝罪するJR西日本の来島達夫社長=20日午後、大阪市

 博多発東京行き新幹線のぞみの台車に亀裂が見つかった問題で、JR西日本の来島達夫社長は20日、大阪市内で開いた定例記者会見で「新幹線の安全性に対する信頼を裏切った。異常を感じながら運行を継続したことに多くの課題がある」と述べ、謝罪した。

 来島社長は「今回の状況を見る限り、運行停止の判断ができた」との認識を表明。異変を察知した後も運行を続けた理由に質問が集中したが、「ダイヤを優先したものではないと信じている。調査で背景をつかんでいきたい」と述べるにとどめた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers