リクルート関連会社の社員が提訴

東京地裁に、「不当な退職強要」

 リクルートホールディングスのグループ会社で、外資系企業への人材紹介を手掛ける「シーディエスアイ」(東京都渋谷区)に勤め、現在休職中の20代のフランス人男性が20日、会社から不当な停職処分や退職強要を受けたとして、会社や上司に賃金や慰謝料など約870万円の支払いを求め、東京地裁に提訴した。

 訴状によると、男性は2015年12月に採用され、人材紹介業務に携わっていた。今年8月、紹介した人が短期間で退職し、顧客企業からクレームがあったとして、1週間の停職処分となった。

 20日に都内で記者会見した男性は「法律を無視して辞めさせようとしている」と訴えた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers