9条への自衛隊明記で2案

自民、改憲論点整理を了承

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら
自民党憲法改正推進本部の全体会合であいさつする細田博之本部長=20日午後、東京・永田町の党本部

 自民党の憲法改正推進本部は20日、党本部で全体会合を開き、改憲を目指す4項目に関する論点整理を了承した。憲法9条への自衛隊明記について戦争放棄の1項、戦力不保持などを定めた2項を共に維持する案と、2項を削除して自衛隊の目的や性格をより明確化する案の両論併記とした。年明け以降、公明党や希望の党、日本維新の会などと協議に入りたい考えだ。各党との議論と並行して党改憲案の策定を進める。

 推進本部の細田博之本部長は会合終了後、「みんなが賛成して支持するような案でなければならない。それが一番の早道だ」と記者団に表明。与野党の枠を超えて合意形成を目指す意向を強調した。

あなたにおすすめ

Curated by

papers