立民、スパコン設置経緯を聴取

開発企業の助成金詐欺事件受け

スーパーコンピューター設置の経緯などを聴取するため、海洋研究開発機構の施設を訪れた立憲民主党の川内博史衆院議員(手前)ら=21日午前、横浜市

 立憲民主党は21日午前、スーパーコンピューター開発のベンチャー企業「ペジーコンピューティング」による助成金詐欺容疑事件を受け、同社開発のスパコン設置経緯などを聴取するため海洋研究開発機構・横浜研究所(横浜市)を訪れた。逮捕されたペジー社の社長が安倍政権内に人脈があるとみて、次期通常国会で追及する構えだ。

 聴取は川内博史衆院議員らが実施。同機構にはペジー社などが開発したスパコン「暁光」がある。11月の世界スパコン計算速度ランキングで、日本最高の4位に入った。

 機構側は「ペジー関連会社から賃料を受け取り、場所を提供している」と説明したという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む