三越伊勢丹、早期退職に173人

特別損失約43億円を計上

 三越伊勢丹ホールディングスは21日、2018年3月期連結決算で約43億円の特別損失を計上すると発表した。中核子会社の三越伊勢丹が拡充した早期退職制度に173人の応募があったため。

 拡充した制度では退職金を最大で5千万円上乗せする。今回の損失の影響を精査するため、18年3月期の業績予想は据え置いた。

 インターネット消費の拡大など経営環境の変化を受け、三越伊勢丹は人件費の削減や店舗運営で構造改革を実施している。早期退職制度は来期以降も継続する。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。