在留許可求め東京地裁に提訴

日本生まれブラジル人兄弟

 不法滞在の母の子として生まれ育ち、国の強制退去処分を受けた埼玉県内に住むブラジル国籍の兄弟が21日までに、強制送還されれば著しい不利益が生じるとして、国に在留特別許可を求めて東京地裁に提訴した。

 兄弟は専門学校生(20)と高校3年生(18)で、2007年に仮放免が認められ、埼玉県内の公立の小中高で学んできた。第1回口頭弁論が21日開かれ、兄弟は「多くの友だちに恵まれ、勉強が楽しい。これからも日本で過ごしたい」などと意見陳述。国は訴えの却下を求めた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers