イタリアのW杯予選敗退、バロテッリはどう見ていた?

©株式会社コリー

『Sky Italia』は20日、ニースに所属している元イタリア代表FWマリオ・バロテッリのインタビューを掲載した。

昨年リヴァプールを退団し、フランス・リーグアンでプレーする道を選んだバロテッリ。

復調を見せたことからイタリア代表への復帰も噂されたものの、最終的には招集はされず、チームもワールドカップ行きを逃している。

アッズーリでのチャンスがなかった理由は何だったのか?そして、今後は復帰できるのか…。彼は以下のように語り、復帰を熱望していることを明かした。

マリオ・バロテッリ (前イタリア代表監督のジャンピエロ・ヴェントゥーラ氏について)

「ニースで彼とは会った。注目していると言われたよ。しかしながら、彼のメンバーはすでに作られていて、僕のプレーにはあまり関心がなく、チームをどのように導くかという点に関心があったようだ。

彼は『なぜリヴァプールでうまく行かなかったんだ?』と聞いてきた。僕は『それは過去のことだ』と言った。

僕の過去を知りたかったのだとすれば、監督に聞けばいい。

代表チームに僕が呼ばれなかったことが戦術的な選択だったとすれば、それは理解できるよ。

しかし、『リーダーにならなければいけない』と言われたら、よくわからないね。

結局のところ、ヴェントゥーラは僕を呼ばない理由を探していたのだろうと思った。

正直に言えば、『何故招集されなかったのか?』と言われても、答えはわからない。ヴェントゥーラが考えを持っていなければならないものだよ。

僕は、リーダーであることよりも、スウェーデン戦でゴールを決めてワールドカップに行くことのほうが重要だったと思うね」

【次ページ】「ブッフォンはウソをつかない男だ」

マリオ・バロテッリプレーオフでは、ヴェントゥーラ監督がデ・ロッシを途中投入しようとした際、選手側からインシーニェを使うように要求される場面があった

「選手がピッチで身も心も捧げているのを見ると、僕も怒りを抱いた。ただ、チームのクオリティ以上に戦術的な問題があったことは明らかだ。

彼らは怪物ではないかもしれないが、イタリアには非常に優れた選手がいるからね。

2試合でスウェーデンに勝てなかったという事があれば、それは何かが間違っているという意味だ。選手についてではない。何かが欠けていたんだ」

(イタリア代表のベテラン選手がバロテッリの招集を拒んだとも言われるが?)

「僕はブッフォンと電話をして考えも聞いた。アッズーリに僕と対立する人はいないと思うよ。

何度もそのようなことを聞いたが、ブッフォンは正直で率直な人物である。何かがあれば、僕に言ったはずだよ」

(代表に戻りたい?)

「僕はイタリア人であることを誇りに思っている。ガーナ人が黒人であることを誇りにしているのと同じだ。

イタリアでプレーしていることは誇りである。父がどれだけそれを気にかけていたかを知っているし、代表では最高のパフォーマンスを見せたと思う。

常に戻りたいという望みは持っている。そして、アッズーリとともにもっと素晴らしいことをやっていきたい」