NY株上昇、55ドル高

減税効果に期待感

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日ぶりに上昇し、前日比55.64ドル高の2万4782.29ドルで取引を終えた。前日に米議会が可決した税制改革法案の柱である法人税減税による効果への期待感から買い注文が優勢だった。

 市場では、米企業が減税で浮いた資金で新規投資や配当増、賃上げを行えば、米経済の活性化につながるとの楽観的な見方が広がった。ダウ平均は前日の終値と比べ、一時120ドル超上昇する場面もあった。

 インフレ加速で金利が上昇すれば収益の改善が見込まれるとして、ゴールドマン・サックスなど金融株が買われた。