東京五輪予算350億円削減

第2版公表、圧縮は小幅

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は22日、大会の予算計画第2版を公表した。総額は5月の役割分担大枠合意時から350億円少ない1兆3500億円(予備費除く)。大枠合意時から輸送で300億円、仮設で250億円など計650億円を削減した一方、競技運営などに関わる「オペレーション」の費用などが計300億円増え、圧縮は小幅だった。

 輸送は大会関係車両の借り上げ期間の見直しなど、仮設は資材単価の見直しが削減理由。組織委の中村英正企画財務局長は「大きな意味での予算の枠組みが完成した。これからも引き続きコスト削減で努力していく」と述べた。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers