ガザで衝突、2人死亡

「首都認定」に抗議デモ

©一般社団法人共同通信社

22日、パレスチナ自治区ガザで、イスラエル軍が発射した催涙ガス弾を投げ返す抗議デモ参加者ら(ロイター=共同)

 【エルサレム共同】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定してから3度目の金曜日となった22日、エルサレムやパレスチナ自治区などでイスラム教の集団礼拝後に数千人が抗議デモを行った。自治区ガザの保健当局によると、イスラエル軍の銃撃を受けた男性2人が死亡、40人以上が負傷した。

 21日の国連総会では米政権に「首都認定」撤回を求める決議案が採択されたばかり。勢いづくデモ隊とイスラエル軍との衝突拡大が懸念される。

 トランプ氏の決定に反発する抗議デモは6日以降、断続的に行われている。

米国がエルサレムをイスラエルの首都として認定してから3度目の金曜日を迎え、マレーシアで集団礼拝するイスラム教徒=22日、プトラジャヤ(AP=共同)

あなたにおすすめ

Curated by

papers