キュレーションのFacebook投稿を設定する

©ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

東芝でSIerを3年経験し、2005年にヤフー入社。法人向けサービスの営業、Yahoo!ニュースのビジネス開発の業務を担当。ノアドット事業の立ち上げに関わり設立とともに出向し、2017年秋にノアドットに転職。現在は主にインサイドセールス、カスタマーサポートの業務を担当。クアラルンプール在住。

高橋 理恵の記事一覧を見る

ユニットをFacebookアカウントと連携し、作成したキュレーションを自動投稿します。

1. CMSのトップページで、左ペインにある「Curator Units」の一覧から任意のユニットを押します。

2. 当該ユニットのページが表示されるので、左ペインのメニューから「Settings」を押します。

3. ユニットの設定を行うページが表示されるので、「Connect SNS accounts」欄のFacebookのスイッチをオンにします。

4. Facebookによる認証ページがウィンドウで表示されるので、内容を確認して連携を許諾します。

5. Facebookプロフィール(個人のタイムライン)または管理しているFacebookページを投稿先として選択します。

6. ページ下端の「Save」ボタンを押します。

自動投稿の制限について

  • この設定を行っている場合でも、API経由で作成されたキュレーションについてはFacebookには投稿されません。これは、短時間での大量の投稿がスパムとして排除される可能性があるためです。
  • 同様の理由で、CMSで作成されたキュレーションについても、「Your Drafts」にあるキュレーション候補をすべて一度に公開した場合については、一番上のキュレーションのみをFacebookに自動投稿します。
  • Facebookに投稿されたキュレーションについて、CMSでキュレーションの更新や削除を行っても、投稿には反映されません。

関連記事