NY株反落、28ドル安

減税法成立も利益確定売り

ニューヨーク証券取引所(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比28.23ドル安の2万4754.06ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数も5.40ポイント安の6959.96と反落した。

 米投資家が期待する法人税減税を柱とする税制改革法は、トランプ米大統領が署名し成立。しかし株価は歴史的な高値圏にあり、利益を確定させる売り注文に押され、軟調な展開となった。クリスマスの連休を前に、積極的な取引は控えられた。

 21日発表された2017年9~11月期決算で、主力の北米市場が不振だったスポーツ用品大手のナイキが下げた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。