トランプ氏、移民多すぎと激怒

会議で差別発言と主要紙報道

トランプ米大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は23日、今年6月にホワイトハウスで開かれた移民に関する会議で、トランプ大統領が貧困国などの出身者へのビザ(査証)発給が多すぎると激怒し、移民に関し差別発言をしたと報じた。会議参加者や参加者から説明を受けた関係者の話としている。

 同紙によると、トランプ氏は会議で、事前にミラー大統領補佐官(政策担当)から渡されたメモを読み上げ、2017年にナイジェリアから4万人、ハイチから1万5千人、アフガニスタンから2500人がビザ発給を受けて米国に入国したなどと言及。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。