安全保障新協定の大枠合意を検討

日豪首脳、1月会談へ

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら
オーストラリアのターンブル首相(ロイター=共同)

 日本、オーストラリア両政府は、ターンブル首相が来年1月に来日する方向で調整に入った。安倍晋三首相は首脳会談で、安全保障分野の連携強化に向け、相手国で実施する演習などに参加するために必要な新協定について大枠合意を目指す。政府筋が25日、明らかにした。首相はオーストラリアを自らの外交指針「自由で開かれたインド太平洋戦略」の重要なパートナーと位置付けており、北朝鮮の核・ミサイル開発強行による朝鮮半島情勢の緊迫化などを踏まえ、抑止力強化を図る。

 日本政府は共同訓練をはじめとした自衛隊と各国軍の協力強化を進めている。

あなたにおすすめ

Curated by

papers