首相、自民改憲案の一本化に期待

「党に任せる」

 安倍晋三首相は25日、自民党憲法改正推進本部の根本匠事務総長と官邸で会い、党が目指す改憲4項目のうち、憲法9条への自衛隊明記と緊急事態条項を巡るそれぞれの案の一本化に期待感を示した。「党にお任せする。頑張ってもらいたい」と述べた。根本氏が面会後、記者団に明らかにした。

 根本氏は、推進本部で4項目に関する論点取りまとめが了承されたと報告。「両論併記となった部分については年明けから具体的に議論を進める」と説明した。

 論点取りまとめでは、9条改正に関し首相が唱えた1、2項を維持して自衛隊を明記する案と、自衛隊の目的や性格をより明確化する案の両論が盛り込まれた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers