MLB通算434発の元楽天AJが語る… 日本で成功する助っ人、失敗する助っ人

©株式会社Creative2

2013年からの2年間、楽天でプレーしたアンドリュー・ジョーンズ氏【写真:福谷佑介】

2013年に楽天に移籍し、4番打者として初の日本一に貢献

 プロ野球界はオフシーズンに入り、各球団が来季への編成を進めている。阪神はメジャー通算71本塁打、韓国ハンファで2年連続30本塁打を放った強打者ウィリン・ロサリオ内野手を獲得し、巨人は昨季中日で本塁打王を獲得したアレックス・ゲレーロ内野手を補強。日本ハムはメジャー通算44発のオズワルド・アルシア外野手らをチームに迎え、WBCカナダ代表のアンドリュー・アルバース投手が、オリックスに入団することが発表された。

 毎年、数多くの外国人選手が日本球界の門を叩くが、全員が活躍するわけではない。タイトルを取るような結果を残す選手がいる一方で、期待外れに終わり失意のままシーズン中に日本を離れる選手もいる。

 果たして、そういった選手たちの差はどこにあるのだろうか?

 その疑問に、メジャー通算434本塁打を放ち、楽天では4番打者として球団初の日本一に導いたアンドリュー・ジョーンズ氏が答えてくれた。先日来日し、都内で単独インタビューに応じたジョーンズ氏は「そういう質問は、よく聞かれるんだよね」と笑い、「いかに野球に専念できる環境を自分で整えることが出来るか、が大事だと思うね」と語り始めた。

「私はアメリカでスーパースターではなかったが、15年間それなりの成績を残してきた。ただ、それと同じやり方を日本でいきなり出来るかといえば、出来ない。そこでアジャストが必要になるんだ。球場の外では違う言語の中で生活をしなければならないし、違う習慣、文化があって、その中でグラウンドに来ていかに野球に集中して取り組めるか、その環境作り、自分の中でのアジャストが大事だ」。ジョーンズ氏は、まず異国での環境にどれだけ適応し、野球に集中出来る環境を作り出せるかが鍵だと指摘する。

 グラウンド上での違いはあるのか。「野球に関して言えば、基本的には同じだが、日本の野球は変化球が多い、配球が違う、なかなか勝負をしてくれないなどの特徴がある。そういうところでは、忍耐力が日本の野球の中では問われるところかなと思う。そのアジャストをいかに早く出来るか、というのもポイントになる」と、いかに我慢強くなれるかが重要だといい「それに時間がかかるとシーズンが終わった時に成績が残っておらず、2年目はない。2年やっても2年目なりの難しさが出てくる。アジャストの連続なんだ。それをどうこなしていくかが鍵になるんだ」と話した。

現在はブレーブスでスペシャルアシスタントを務めるジョーンズ氏

 現在、ジョーンズ氏はプロのキャリアをスタートさせたブレーブスでスペシャルアシスタントとして選手の指導にあたるほか、プロスペクト(有望な若手)のチェックなどを手助けしている。そんなAJが、もしスカウトとして日本に選手を連れてくるならば、選手を選ぶポイントはどこに置くのか。

「仮に私がスカウトするならば、1番重要視したいと思うのは海外でのプレー経験があるかどうか、だね。日本に来る前に、海外でプレー経験があるか。ラテンの選手はアメリカでやっていること自体が海外での経験になるが、アメリカ人の選手ならば、ウインターリーグなどでメキシコ、ドミニカ、ベネズエラ、どこでも構わないが、アメリカ以外でプレーしたことがあること。

 海外でのプレー経験というのは、それだけ違う文化、違うスタイルの野球にアジャストするという経験をしているので、それが日本に来た時にすごく役に立つと思う。アメリカの野球しか知らないアメリカ人選手が日本に来て失敗しているのを、僕はたくさん見てきたからね」

 ジョーンズ氏が重視するのは海外でのプレー経験の有無。AJ自身は、現在メジャー屈指の選手となっているアンドレルトン・シモンズやケンリー・ジャンセン、ジュリクソン・プロファーといった選手を生み出している。オランダ領アンティルのキュラソー島出身で、そもそも米国が異国であったし、2008年オフにはドミニカのウインターリーグにも参加している。

 ジョーンズ氏の経験においても、それだけ異国の地でプレーすること、生活すること、そしてその土地に適応することが重要だったのだという。もちろん、これに当てはまる選手が必ず結果を残すわけではないし、当てはまらなくとも、活躍する選手もいる。ただ、ジョーンズ氏が指摘するポイントも、外国人補強を成功させる1つの要素なのかもしれない。

(Full-Count編集部)