バーミヤン遺跡で壁画盗掘

世界遺産登録後、初確認

アフガニスタン中部バーミヤンで盗掘が確認されたカクラク谷の石窟入り口(白線で囲った部分)=11月(共同)

 【カブール共同】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産、アフガニスタン中部バーミヤンの仏教遺跡群で、複数ある石窟の一つの壁画が盗掘されていることが25日までに共同通信の取材で分かった。ユネスコカブール事務所が確認、アフガン政府に遺跡保護を要請した。2003年の世界遺産登録以来、壁画の盗掘確認は初めてとみられる。

 同遺跡では01年、タリバン政権が偶像崇拝を禁じるイスラム教の教えに反するとして2体の大仏像を爆破。石窟は大仏のあったバーミヤン谷の東南約4キロのカクラク谷にあり、1970年代に京都大、2003年以降にも日本人専門家らが調査している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。