スキー森井「一番高いところへ」

平昌パラへ強化選手が会見

©一般社団法人共同通信社

記者会見する森井大輝=25日午後、東京都港区

 日本障害者スキー連盟は25日、東京都内で記者会見し、各競技の強化指定選手が来年3月の平昌冬季パラリンピックに向けた意気込みを語った。アルペンスキー男子座位の森井大輝(トヨタ自動車)は「平昌パラリンピックでは表彰台の一番高いところに立てるように頑張りたい」と話した。

 会見にはアルペンスキー、ノルディックスキー距離、バイアスロン、スノーボードの8選手が出席。距離の男子立位でバンクーバー大会金メダリストの新田佳浩(日立ソリューションズ)は「(平昌は)時差がないのがアドバンテージ。直前に入っても、いいコンディションで臨める」と述べた。

あなたにおすすめ

Curated by

papers