都、五輪車両基地は7カ所整備

築地や臨海部に計画

 東京都は26日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた都議会の特別委員会で、選手や大会関係者らの輸送に関する検討状況を報告し、バスや乗用車を収容する車両基地として築地市場(中央区)の跡地や都内の臨海部など7カ所を整備する計画を明らかにした。

 都の計画では、メインの車両基地となる築地市場跡地にはバスと車計約2700台を収容。江東区若洲にはバス約700台、同区新砂には車約600台を駐車できるようにする。他に中央区や港区、新宿区にある4カ所を一時待機場に整備する。総面積は30ヘクタールほどで大半が都有地という。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。