平昌五輪パナソニックが最新機器

映像音響で式典や競技演出

パナソニックが平昌冬季五輪・パラリンピックに納入する最新のプロジェクター

 パナソニックは26日、来年2月に韓国で開かれる平昌冬季五輪・パラリンピックの演出に向けて最新の映像音響機器を納入すると発表した。開閉会式のプロジェクションマッピングに使う高輝度プロジェクターや、各競技場に設置される大型スクリーンを提供する。

 同社のプロジェクターは2016年のリオデジャネイロ五輪でも使われたが、さらに明るさを向上させ、鮮やかな映像を可能にした。スキーやスノーボードなどの競技会場を盛り上げる迫力の音響システムも納入する。

 パナソニックは1988年から五輪の最高位のスポンサーとなっており、平昌大会で30周年を迎える。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers