NY株続落、7ドル安

アップルが相場の重しに

©一般社団法人共同通信社

ニューヨーク証券取引所=2014年10月(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】連休明け26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末比7.85ドル安の2万4746.21ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は23.71ポイント安の6936.25だった。

 クリスマス休暇明けで取引参加者が少なく、方向感を欠く中、新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X」の販売目標を引き下げたと伝わったアップルが値を下げ、相場全体の重しとなった。

 11月1日~12月24日の米小売売上高が前年同期比4.9%増との民間企業の調査結果が伝わり、小売りのウォルマート・ストアーズは値を伸ばした。

あなたにおすすめ

Curated by

papers