小池都知事、五輪会場を視察

海の森など「準備は順調」

 東京都の小池百合子知事は27日午前、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて整備中のボート、カヌー・スプリント会場「海の森水上競技場」(都内臨海部)など競技会場予定地を視察した。終了後、報道陣の取材に「一連の会場準備状況は順調。労働災害に気をつけながら、安全に着実に進めていってほしい」と述べた。

 都によると、海の森水上競技場は現在、水門施設と艇庫棟をそれぞれ工事中。19年3月までに全てを完成させる計画だ。小池知事は水門施設工事の様子などを確認し、担当者から説明を受けた。

 さらに葛西臨海公園から隣接地に変更されたカヌー・スラローム会場予定地も視察した。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。