「不可逆的」は韓国側発案

交渉過程で文脈変化

 【ソウル共同】従軍慰安婦問題の日韓合意を検証した韓国政府の作業部会は27日、「最終的かつ不可逆的」との文言は、韓国側が交渉の中で、日本の謝罪を後退させないよう求める意図で先に使った表現だと明らかにした。交渉過程で「当初の趣旨と違い、解決の不可逆性を意味するものに文脈が変わった」としている。

 韓国でこの文言は、慰安婦問題の「最終解決」を強く印象付ける表現として問題視されてきた。

 作業部会によると、日本側で過去のおわびや反省を翻すような言動が繰り返されてきたとして、韓国の市民団体が「後戻りできない謝罪」を要請。韓国側は、こうした意見を参考にしていた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers