京大の山中教授がパラ選手と駅伝

来年2月の京都マラソン

ペア駅伝に出場する京都マラソンのゼッケンを手に、門川大作京都市長(右)と握手する京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授=28日、京都市役所

 京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授(55)が来年2月18日の京都マラソンで、リオデジャネイロ・パラリンピックの女子マラソン(視覚障害)銀メダリストの道下美里選手(40)=三井住友海上=とペア駅伝に出場することになり、28日に京都市役所で記者会見した。山中氏は「道下選手の力を借りてサブ3(3時間以内)を出せたら」と抱負を語った。

 2人は昨年12月のマラソン大会で知り合い、山中氏が道下選手に出場を依頼。ペア駅伝は42.195キロを2人で走る競技。道下選手が1区の約27.6キロ、山中氏が2区の約14.6キロを走る。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers