米、北朝鮮攻撃に3割賛成

共同世論調査、日本は2割

 日本の民間非営利団体「言論NPO」は28日、北朝鮮情勢に関する米メリーランド大との共同世論調査の結果を発表した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する米国の軍事行動の是非について、日本では賛成20.6%だったのに対し、米国では10ポイント以上高い32.5%に達した。

 米国では反対が44.2%で、48.3%の日本より4.1ポイント低かった。言論NPOは、軍事行動への反対意見は「米国では支配的ではない」と分析した。

 北朝鮮核問題の解決が「難しい」と考える人は、米国の32.6%に対し、日本は67.4%で、日本で悲観的な見方が強いことが浮き彫りになった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。