元ナチス親衛隊の訴え退け

ユダヤ人虐殺で収監へ

 【ウィーン共同】ドイツの連邦憲法裁判所は29日までに、アウシュビッツ強制収容所で約30万人のユダヤ人虐殺に関わったとして、殺人ほう助罪などで禁錮4年の判決を受けた元ナチス武装親衛隊所属のオスカー・グレーニング被告(96)が求めていた刑の執行猶予の訴えを退けた。AP通信が伝えた。

 弁護側は高齢の被告の生存権が侵されるなどとしていたが、年明けにも収監される見通しという。被告はユダヤ人の荷物を処分するなどし「アウシュビッツの会計係」と呼ばれ、2015年に有罪を言い渡された。

 判決は21日付で、29日に公表された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。